安全宣言

私たち松葉倉庫株式会社・松葉倉庫運輸株式会社は、全ての職場全ての業務において、安全が最優先である事を認識し、物流のプロとして、お客様並びに地域社会の皆様に、 安全で安心、そして環境に優しい物流サービスの提供をお約束します。

事故やミスの起きない仕組みづくり、組織作り、人づくり、 風土作りに、全社一丸となって取り組んで行きます。

私たちの目指す物流のプロとは・・・
社会・お客様・会社などの)ルールを守り、基本的で当たり前の事が、 いつでも当たり前に普通に出来、相手の立場にたって考動出来る人が本当のプロである。
(仕事が早い・運転が上手い・慣れている・・がプロではない)

平成22年7月1日
松葉倉庫株式会社・松葉倉庫運輸株式会社
代表取締役 会長 松葉 義之
代表取締役 社長 松葉 秀介

環境方針

基本理念

松葉倉庫株式会社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題である事を認識し、 企業活動のあらゆる面で地球環境への負担を最小限にとどめ、 次世代と未来を守るため地球環境の保全に配慮して行動します。

基本方針

当社は昭和50年に運輸省の許可を得て営業を開始して以来、一貫して物流に携わって参りました。この間物流は大きく変化いたしました。 私たちは物流のプロとして、生産から販売、そして消費までの物の流れの中でより円滑な、より効率的なサービスを提供すると共に、人・社会・環境との共生に積極的に取り組み、環境と調和した豊かな循環型社会形成のため、以下の方針を自主的継続的に遂行します。

  1. 事業活動、製品及びサービスに関わる環境側面を常に認識し、環境マネジメントシステムの継続的改善、汚染の予防に努めます。
  2. 環境側面に関連し適用可能な法規、及び組織が同意するその他要求事項を順守します。
  3. 事業活動に関わる環境側面の内、以下の項目を重点テーマとして取り組みます。
    1)物流効率化及びリユース事業の推進により顧客を含めた環境改善に取り組みます
    2)作業管理技術レベルを向上させ、環境改善につなげます。
    3)省資源・省エネルギーに全員が積極的に取り組みます。
    4)グリーン調達を推進します
  4. この環境方針を達成するため、環境目的・目標を設定し、レビューを行い、全員で活動に取り組み環境マネジメントシステムの継続的向上を図ります。
  5. この環境方針を組織で働くまたは組織のために働く全ての人に周知すると共に、一般の人が入手する事を可能とし要求があれば開示します。

平成23年4月1日
松葉倉庫株式会社・松葉倉庫運輸株式会社
代表取締役 会長 松葉 義之
代表取締役 社長 松葉 秀介

SDGsへの取り組み

  • 待遇の持続的改善・雇用の安定
  • 待遇の持続的改善・雇用の安定
  • 健康経営への取組み・福利厚生制度の向上
  • 仕事を通じた学びと成長の実感
  • 多様な人材が安心して働ける会社づくり
  • 働きやすい環境づくり
  • 再生可能エネルギーへの積極的な投資と活用
  • 働きやすさと経済的な安心、心身の健康への会社の関り
  • ICT化の推進と、未来への持続的な投資の継続
  • 同一労働同一賃金など、法改正への適切な対応
  • 地域企業として地域課題への主体的な関り(条例制定など)
  • 地域で事業を営む責任、仕事を任される責任(BCP)
  • 効率的な物流、作業性向上の提案・トラックの計画的更新
  • 地産地消の(物品購入・サービス)推進、物を大切に扱う
  • 地産地消の(物品購入・サービス)推進、物を大切に扱う
  • 法の順守、ルールやマナーの遵守を経営方針のTOPに
  • 責任ある経営を維持し、信頼される会社、仕事を維持する

当社の考えるSDGsとしての取り組みの一例

平成30(2018)年4月・企業主導型保育園『まつの実』設立
 藤枝市第一号
 内閣府企業主導型保育事業事例集に記載
10月・健康増進BANK制度開始
・企業型確定拠出年金制度導入
・本社倉庫リフトに、ホロライトアロー(光による安全装置)設置・・聴覚障害者の事故防止
・社会保険労務士さんと顧問契約(働き方改革等への確実な対応)
令和元(2019)年6月・本社倉庫 大型空調ファン(マクロエア導入)
7月・掛川物流センター空調設備工事完了
・事業継続力強化計画認定
10月・インフルエンザ予防接種補助金、整体治療院初診料負担制度等開始
12月・ふじのくに家庭教育応援企業登録
令和2(2020)年1月・ホワイト物流推進運動参画
3月・藤枝市男女共同参画認定企業
・静岡県まるごと健康づくり事業所知事褒章
7月・パートナーシップ構築宣言
9月・焼津物流センター バーコードシステム導入
令和3(2021)年1月・自家消費用太陽光発電開始(掛川物流センター)
・緊急時非常用発電装置導入(本社・焼津・掛川)
2月・藤枝新物流センター計画(BCP的な要素も含め)
(2/22)用地取得契約完了 資本性ローンの活用により、安定的資金調達
3月・2021年度健康優良法人認定